« 青いリンゴ | トップページ | 草食系の巨人 »

2010年6月 7日 (月)

作文から論文への花道

『テストの花道』、第11回のテーマは、「文章を書くチカラ」。
論理的な文章がそこそこ書けるようになるまでのプロセスをベンブメンバーがやって見せてくれました。

まず、文章を書けないのはどうしてかというところから始まりましたが、
理由として、

  • 書き出しが上手くいかない
  • 文と文のつなぎ方がわからない
  • 始めと終わりで意見が変わる

というようなことが挙げられておりました。

ではどうするか、ということで紹介された花道の種、
その1が「書き抜き」で、その2が予告にもあった「なたもだ」でした。

「書き抜き」は文章の書き出しを見つけるための方法です。
まず、文章のテーマに対して自分が気になること、面白いと思うことを抜き出してみます。すると、そこから自分の意見ができてきます。
その、自分の意見を文章の書き出しにし、その続きを「なたもだ」を使って書くと、論理的な文章が出来上がる、というのが今回の大筋です。

「なたもだ」というのは、文章が上達する呪文、人にわかりやすく情報を伝えるための呪文、という具合に扱われていましたが、それぞれ「なぜなら」、「たとえば」、「もし」、「だから」の頭文字です。
文章の書き出しに自分の意見を置き、それに説得力を持たせるために、「なぜなら」、「たとえば」、「もし」、「だから」を使って文章を続けていけば良いのです。

「なぜなら」のあとで冒頭で述べた意見の理由を述べ、

「たとえば」のあとには、意見の具体例や、別の客観的な意見や見方を書きます。これによって、文章を読んだ人にイメージを膨らませることができます。

次に使う「もし」は、仮定をすることで別の視点を考えるきっかけになり、自分の主張を客観的に見直したり、説得力を増すことができます。

最後の「だから」は、結論を書き出すきっかけにします。

つまり、論理的な文章というのは、だいたい

書き出し:自分の意見
(ぜなら):理由
(とえば):具体例
(し):仮定
(から):結論

という形式になっている、ということですね。

しかしながら、「書き抜き」と「なたもだ」だけではまだ作文の域を出ておらず、論文というには何かが足りません。
そこで用意されていたのが3つ目の花道の種。作文を論文に変えるテクニックとして、

  • 文章を「~である」調で書くこと。
  • 複数の根拠を述べること。
  • 読み手を意識すること。

の3つが紹介されていました。これにより、文章が力強く、より説得力のあるものとなるのだそうです。

番組では、東京タワーを例に部員たちが文章を書いていましたが、どの部員も段階ごとに上達しているのがよくわかりました。パターンを知ったあとには、本当にそれっぽい上がりになり、最初に書いた文章(?)とは格段の差がついていました。
意見や根拠(と文字も)が超ユニークなのはご愛嬌ですね。

この文章を書くチカラが、受験勉強において論文を書くのに役立つことは言うまでもありませんが、花道の先輩いわく、大変応用範囲が広いのだそうです。
たとえば、国語でも歴史でも、書いてある文章を読むときに情報を整理しながら読めるようになったり、歴史上の出来事を噛み砕いて覚える際に、考えるカタチができるのだそうで、なんだかんだ言っても、「なたもだ」は考え方のキホンだよね、みたいなご意見であったと思います。

書くことと読むことは表裏一体ですから、おっしゃる通りですが、ちゃんと受験勉強に落とし込んでいることがいかにも花道の先輩らしく素晴らしいですね。
そして花道の先輩方は今日もとても早口で回転も滑らかでした。メンバーは固定ではありませんが、この点は誰が出てきても大概そうです。これも受験勉強で得た何かのチカラということでしょうか。

そうそう、今日は宿題がありました。
「若者の草食化」というテーマで論文を書いてみるように、とのことです。

受験生の皆さんの健闘を祈ります wink

|

« 青いリンゴ | トップページ | 草食系の巨人 »

ETV テストの花道」カテゴリの記事

TV program」カテゴリの記事

コメント

いろいろ勉強になりました。詳しくて、筋がはっきりして本当に役に立ちました。

投稿: 董瀟瀟 | 2012年6月13日 (水) 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548047/48569558

この記事へのトラックバック一覧です: 作文から論文への花道:

» 戯言 - 文章を書くチカラ「なたもだ」 [やじゅ@アプリケーション・ラボ わんくま支局]
戯言 - 文章を書くチカラ「なたもだ」 [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 02:07

» 文章を「論文」にする方法 [ネタ喰い]
このブログを読んでくれた方は、「こいつ何言いたいんだ?」的なことになっていることがあると思う今日このごろなわけで、文章力を少しでも向上させるためのメモです。 これから紹介するのは、テストの花道という番組で紹介されていた方法だそうです。 ブログを書くのとは違うのですが、「作文」を「論文」にする方法が紹介されていましたので、参考に。 書き抜き なたもだ 語尾と複数の根拠 「書き抜き」ってのは、 とりあえず、気になることを書き出す。 そこから自分の意見を出すのが「なたもだ」。 「なたもだ」ってのは、 な→... [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 11:41

« 青いリンゴ | トップページ | 草食系の巨人 »